モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

【2014年読破本99】こちら葛飾区亀有公園前派出所 190 (ジャンプコミックス)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 190 (ジャンプコミックス)

 

 

また妙な特殊刑事が出てきた(しかも出オチ)

出身地関西ってことで、何だか納得してしまったのだけど(汗) 関西の方々、このイメージで大丈夫だろうか(苦笑)

 

他にも鳩レースやボーカロイド話しにGPS話しなど、今回も最新トレンド取り入れたこち亀らしいラインアップ。

 

基本はほのぼの人情話しになることが多い檸檬話し。今回はちょっと衝撃だったな。

まさかあんなにたくさんの習いごとをしていたとは(ミカンちゃんと遊んでいる画が多いイメージだった)

ゆとり世代なんて揶揄されていた人たちが社会人になって、次の世代は反発がくるなんて話しがあったけど、1歳から英才教育施された子供達がこのあと来るのか、とフィクションながら感じ入ってしまった。

だからこそ、こういうプレッシャーに負けて(ヘタすると)“折れる”子供が出てくるんじゃないかと心配になる。

檸檬にとっては一時の災難だったけど、長い目でみたら得がたき(失ってほしくない)ものがあることを、忘れないでほしいなあ。

 

で、電車の飲食は細かく検証すると確かに盲点。

部長の「優先席や車内のイスの区分ができた時から公衆道徳の崩壊が始まった」は至言。 聞いてる中川へ「お前電車乗ったことないだろ」と突っ込んではいけない(笑)

 

 

こちら葛飾区亀有公園前派出所 190 (ジャンプコミックス)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 190 (ジャンプコミックス)

  • 作者:秋本 治
  • 発売日: 2014/06/04
  • メディア: コミック
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング