モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

【2016年読破本23】剣豪と名刀 (宝島SUGOI文庫)

剣豪と名刀 (宝島SUGOI文庫)

 

 

今年も続きそうな刀剣ブーム。

が、正直刀剣の素晴らしさ、見ても分からないことが多い(汗)

かといって、ウンチクばかり知っていても意味は無さそう・・・

 

ならば、刀とそれにまつわる剣豪まで網羅している本作で土台作り。

 

比較的軽い気持ちで読み始めていたが、なかなかのガチな一冊。

流派の成り立ちからつながり、特徴まで網羅以上に網羅されていて、これ読めば剣術(剣道)の歴史は概ねつかめる。

 

当然のことながら、時代によって刀剣の形や使用意図は変わってくる。

そして、それを用いる人間の変化は、道具と人間という、今にもつながる関係の重要性を伝えてくれる。

刀剣を通じて己を高めていく剣豪伝説にも注目だ。

 

ちなみにこの本、タイトルほど刀には触れられていないので、刀の情報や写真を期待していた方はご注意を(但し、名刀は厚紙を使用したカラーページで掲載されている)

 

 

剣豪と名刀 (宝島SUGOI文庫)

剣豪と名刀 (宝島SUGOI文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング