モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

【2016年読破本156】名探偵コナン 90 (少年サンデーコミックス)

 

名探偵コナン (90) (少年サンデーコミックス)

 

 

コナン、領域外の妹と事実上の接触。

ついに出てきたキーワード「RUM」

鍵を握る?浅香という存在

そして絡み合う赤井たちの因縁。

 

黒の組織への道、そして事態解決への道に至るメンバーが揃ってきた感じがする。

どれもこれも突破口になりそうだけど、入り込んでもその先が迷路、という展開がありそうな感じも拭えない。

あえていうとしたら、やはり世良と領域外の妹か・・・

 

とはいえ、もうこの面子、ほぼほぼお互いの正体が割れている状態ができてしまい、探り合いながら均衡を破る、っていう緊張感がじわじわと。

コナンよくこの状況の中で普通の生活できるな、ひとつ崩れたら全て失うことになりかねない状態のはずなのだけど(汗)

 

そして梓さんに堂々と化けているベルモット怖すぎる(そして、これを見抜いて話しかける蘭がさすがすぎる)

こういう独自行動させてるなんて、黒の組織、放任主義にもほどがある(苦笑)

 

今巻後半は服部・和葉コンビが登場するけど、ここのことろ怪奇ネタばかり遭遇している気がする(苦笑)

そして、自分も告白しなければ、となんとなく焦る服部が微笑ましい。

 

おそらく次巻から黒の組織に一層結びついていく話しが出てくるのだろうけど、まだピースが足りないか?

 

名探偵コナン(90) (少年サンデーコミックス)

名探偵コナン(90) (少年サンデーコミックス)

  • 作者:青山剛昌
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: Kindle版
 
名探偵コナン (90) (少年サンデーコミックス)

名探偵コナン (90) (少年サンデーコミックス)

  • 作者:青山 剛昌
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/08/18
  • メディア: コミック
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング