モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

【理想の三代目】読書感想:『北条氏康 関東に王道楽土を築いた男』 (PHP新書)

北条氏康 関東に王道楽土を築いた男 (PHP新書)

 

 

約100年続いた戦乱の世、戦国時代。

勢力拡大にどの家も存亡をかけたに違いない。

だが、それ以前に、生き残ることが困難な時代でもあった。

たとえ英邁なリーダー(君主)が現れても、次代が引き継げるに足りる器でなければ、かえって滅亡への道を早めるだけ。

どの家も長続きするかどうかは二代目と三代目にかかっていた。

 

(近年では京都におけるエリート家系だったことが明らかになったが)土地とゆかりのない血筋ながら勢力を拡げ、戦国時代の関東を理想郷に変えた一族・後北条家は、最高の後継者を得た。

 

目立たないが礎をきっちり造った二代・氏綱。

それを引き継ぎ、信玄・謙信・義元という戦国時代のトップスターと渡り合いながら、独特の国をつくったのが関東の獅子・三代氏康だ。

当時、他に類を見ない領土経営手法に注目が集まっているにも関わらず、彼の一代記は意外と少ない。

そんななか、新書で読めるのが本書、結構貴重だ。

 

後北条氏作品を数多く手がける伊東さんと歴史ライター・板嶋さんがタッグを組んだ本書は、学術系単行本に引けを取らない充実した内容。

これで氏康の生涯と後北条家の魅力、さらには暗愚と言われている子・氏政の適正な評価言及もされている。

タイトルは氏康、とあるが後北条家全体の俯瞰もできるオススメな1冊だ。

 

 

北条氏康 関東に王道楽土を築いた男 (PHP新書)
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング