モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

【連れてくしかないよ 宇宙に】読書感想:『宇宙兄弟(3)』 (モーニング KC)

 

宇宙兄弟(3) (モーニング KC)

 

 

どこか抜けたキャラやネタが出てきつつも、緊張感漂う3次試験が始まった。

徹底した分析、妥協しない運営側の姿勢。

宇宙に飛びだつ、ということは、まだまだ未知の領域への挑戦。

ここまで全てを見極めるんだ、という強い覚悟を感じる。

 

実際、閉鎖空間という特殊な環境の中で、それぞれのバックボーンやトラウマ、覚悟や夢への思いが表面化。

揺らぎや戸惑い、対抗心などがいい風に(悪い風にも)他のメンバーにも伝播していく。

今のところ、個々のレベルが高いけどチームとしてはいやーな気配のB班が一番まずそうだけど・・・

 

じゃあ、A班はどうかというと、個々はともかく、運ととっさの判断で切り抜けているムッタがやっぱり不安(笑)

個人成績は決していいとは言えなさそうだし(苦笑)

この先は脱落者がふるいにかけられることもあるだろうし、さて、どうなるのか・・・

 

そして、今回も心に響く名言が盛りだくさん。

「悩むならなってから悩みなさい」

「名前に意味はありません」

「好奇心で道を切り開いたアリの話」

 

宇宙という夢の舞台を目指すからこそ、自らを省みて、さらなる高みを目指す。

(もちろん行けることが大ゴールだけど)行こうとすること自体が尊い行為で、その思いをみんなで協力して叶えることがみんな(人類)にとって大きなプラスとなる。

 

ムッタの目指す姿こそが、希望。

そしてヒビトはその先駆者になろうとしているんだなあ。。

 

ムッタ、あせらずきちんと階段を上って欲しい。

 

宇宙兄弟(3) (モーニングコミックス)

宇宙兄弟(3) (モーニングコミックス)

  • 作者:小山宙哉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/09/28
  • メディア: Kindle版
 
宇宙兄弟(3) (モーニング KC)

宇宙兄弟(3) (モーニング KC)

  • 作者:小山 宙哉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/09/22
  • メディア: コミック
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング