モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

【戦るからには絶対に勝たねばならん】読書感想:『キングダム 18 (ヤングジャンプコミックス)』

キングダム 18 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

中華統一。

大きな夢と願いを込めた戦いに挑む政と信。

 

二人がそのために越えなければならない壁は、己自身にあった。

 

政にとって、越えるべき壁は呂不韋との闘争に勝つこと。

だが、母と呂不韋との姦通という衝撃の事実が飛び込んでくる。

帝とその一族に棲まう無限の闇と、救われない実態。

 

でも、ここまでの日々で生まれた“違う”居場所と、志を共有できる仲間達の存在で絶望することから踏みとどまった政。

姦通を見てしまった向ちゃんを助けるために大胆な行動に出た陽ちゃんの奮闘も大きかったなあ。

変わるために必要なのは行動すること。

まさに“陽”の名の通り、政に微かな光を指した・・・

 

そして戦だから、という“染みこんでしまった”意識で、虐殺行為を止めることを躊躇してしまう飛信隊。

それでも、信は強い意志で、目の前の理不尽を乗り越えていく。

 

初めての攻城戦。そしてライバル二人の実力も垣間見えつつ、飛信隊も奮戦する。

 

不可能な夢に立ち向かうため、それぞれの場所で思いを形にしていく展開は、それぞれのエピソードとしても秀逸だけど、ストーリー構成の見事さとしても読み応えがある。

中華統一ということ事態が既成概念を変えること。

だから変えようとする側も変わらなければいけないってことなんだな。

 

そして次に待ち構える敵も、国という枠を越えた者。

強敵の予感・・・

 

キングダム 18 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 18 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者:原 泰久
  • 発売日: 2010/06/18
  • メディア: コミック
 
キングダム 18 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 18 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者:原泰久
  • 発売日: 2012/08/24
  • メディア: Kindle版
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング