モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

【高転びの因果をお伝え申す】読書感想:『センゴク一統記(2)』 (ヤンマガKCスペシャル)

 

センゴク一統記(2) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

前半の信長の構想語り

後半の秀吉の毛利&信長対策

 

どちらも、ここまでのセンゴクシリーズ読んできた身からすると、一つの総まとめとして、非常に読み応えあった。

 

信長の方がきちんと現象分析が明確で壮大だけど理解者は少ない。

秀吉はボトムアップ&チームプレーが好感生むけど拡がりに欠ける。

 

後年の秀吉の暴走を思うと、二人の違いとその結末が暗示されていて、どっち目線でみるかでだいぶ印象が変わるなあ。

 

となると、信長の真意を知りながら、なぜ光秀は謀反を起こすのか。

かえって分からなくなってきた(汗)

 

その一方で自己犠牲で礎になろうとする吉川と、兄の命すら毛利存命のために使おうとする小早川が悲しい。

このまま行けば、本当に毛利滅亡だったのか・・・

 

 

センゴク一統記(2) (ヤングマガジンコミックス)

センゴク一統記(2) (ヤングマガジンコミックス)

 
センゴク一統記(2) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク一統記(2) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング