モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

【我が天下の主とならん】読書感想:『センゴク一統記(3)』 (ヤンマガKCスペシャル)

 

センゴク一統記(3) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

センゴク版光秀創世の巻。

 

どう光秀を描くのか、と思ったらまさかの求道者設定。

 

確かに史料要素以外で分析すれば、狂気と理性が常人以上のレベルで同居してる、って思わなきゃ、信長について行けない。

本能寺の変を成功させられる才覚とその後の段取り不足、両方の説明ができている本、読んだことないだけに、しっくりきたなあ。

 

そして、信長がその覇道と王道の狭間で崩壊する前に、美しいまま終わらせようという発想が、無私の愛に満ちあふれていて怖すぎる。

(信長、先が長くない?というシーンが上手い具合にはまってる)

 

自分が生きている意味と、信長への奉仕のゴール、そして天下の行く末

全てをクリアに(光秀自身の中で)できた、その答えが、本能寺の変へつながっていくのか・・・

 

シリーズ3巻目にして、早くも「一統」というタイトルに光秀の思いを集約してしまう玄妙さ、見事すぎて、あと数巻でこのタイトル終わってしまうのではないか、と思ってしまった(苦笑)

 

信長の最高の理解者は秀吉じゃなくて光秀だった。という落としどころが後年の秀吉の所業を思えば納得の一言。

その一方で秀吉と光秀、とで信長を支えていく、という光秀の構想が、この先の山崎の戦いの切なさを予感させる。

 

山崎の戦いの巻、かつてないほどの空虚感が漂いそう(涙)

 

 

センゴク一統記(3) (ヤングマガジンコミックス)

センゴク一統記(3) (ヤングマガジンコミックス)

 
センゴク一統記(3) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク一統記(3) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング