モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

〈主よ、我を憐れみたまえ〉読書感想:『大友の聖将』

大友の聖将

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大分の戦国大名・大友氏滅亡の危機。

迫り来る島津氏から、援軍・豊臣家が到着するまでの間守りきるために、希望は聖将(ヘラクレス)・天徳寺リイノに託された。

没落し、多くの将から見放された大友氏・宗麟を、なぜリイノは守ろうとするのか。

そして、リイノとは何者なのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

赤神さんの大友サーガ第2弾(時系列的にはこの作品が最終巻近くにあたるのだろう)。 信教と己の意志という、戦国時代作品で最も難しいであろうテーマを取り上げ、リイノが使命を見出し、魂を燃やし尽くしていく姿を描いていく。

 

しかも二部構成で、後半はもう一人の主人公(?)をたてて、リイノが気づいたその悟りを、最後の戦いで提示していくという、壮大なストーリーテリングが意欲的。

 

前作『大友二階崩れ』で暴君認知された大友宗麟。

 

大友二階崩れ

大友二階崩れ

  • 作者:赤神 諒
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2018/02/21
  • メディア: 単行本
 

本作でも随所でリイノの足を引っ張っていく。

彼は最後の最後で改心するのか?

 

そして、信教は人を縛るのか、それとも強くするのか。

 

守るに足りるものを最後の最後まで支えたリイノの生き様が『大友二階崩れ』の後味悪い(笑)のアンサーにもつながる一作。

 

 

www.motiongreen.net

果たして、あの家督争いの影で失われた、たくさんの命と信念は、大友家最後の戦いで酬われるのか?

 

前作と二作、続けて読むことをオススメ。

 

大友の聖将

大友の聖将

  • 作者:赤神諒
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2018/07/12
  • メディア: 単行本
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング