モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

〈オレの“炎”は消せねえ!!!〉読書感想:『AKABOSHI-異聞水滸伝- 2』 (ジャンプコミックス)

AKABOSHI―異聞水滸伝― 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

いよいよ、替天行道の主要メンバー(?)が登場し、戴宗らに次なるミッションが。

そしてこれが著名な梁山泊奪取エピソードになるのだけど、選抜試験の相手がこれまたトンデモ実力の面々すぎる・・・

(まあ、本家水滸伝知ってる方ならニヤリとするところなんだけど)

 

ビジュアル的にも憎めないんだよなあ。

なんでこの方達、梁山泊にいるの?と思わせるほど(すぐ味方になるよね、と察知できる 笑)

まあ、前巻から凸凹コンビと化している戴宗・林沖見ているだけで楽しいけどさ(苦笑)しかもそこに扈三娘入ってきて、もう常にコントしているようにしか見えない(爆)

 

そんなギャグテイストの背景でうごめく影。

梁山泊の首領・王倫の(常人っぽくない)怪しげなフラグ

そして動き出す宋の“悪人”たち。

 

替天行道メンバー出撃も近づく中、潜入した戴宗たちは、梁山泊を開放できるのか?

 

とここらへんも結構面白いだけに、なぜ次巻が最終になってしまったのか。

 

特にパワーバランス崩れているわけではなく、一〇八星もまだまだ控えている。

膨らませられるところ、いくらでもあると思えるんだけど・・・

 

というか、そもそも水滸伝のエピソードの一〇〇分の一も終わっていない(汗)

うーん、つくづく残念だなあ。

 

 

 

AKABOSHI―異聞水滸伝― 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

AKABOSHI―異聞水滸伝― 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者:天野洋一
  • 発売日: 2017/10/01
  • メディア: Kindle版
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング