モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

〈失っても失っても 生きていくしかないです〉読書感想:『鬼滅の刃 2』 (ジャンプコミックス)

鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックス)

 

 

 

鬼を倒しても、失った人は帰ってこない。

でも、今の無力さから脱しなければ、何も変えられない。

今、鬼滅の一人として、その運命を覆す。

 

犠牲の果てに、はれて鬼滅隊に入り、炭治郎の戦いが改めて幕を開ける。

そういえば、今巻の序盤までが、1巻からここまでの修行編だったのだけど、普通の作品なら中盤前後でやるであろう過酷展開で言葉を失う。

今でのジャンプ要素が詰まっていると言われながらジャンプっぽくない、と言われる所以はこんなところにも。

 

そして、鬼滅隊配属後、とたんに始まる鬼との戦い。

次々と繰り出される技やバトル展開はジャンプっぽいなあ、と思う反面、暗中模索感が醸し出す暗さは前巻と変わらず。

(ボケやギャグはあるんだけど、今のところシュールすぎて・・・)

 

スカッとする展開欲しいなあ。

 

反面、半分鬼の妹が一番の戦力という皮肉さ、

ありとあらゆるものを使わないと勝てない状態、

切なさを湛えながら戦うしかない心情、

 

こういうところが、毎回ヒリヒリする緊張感を生んでいる。

 

 

 

そこに、小さな少年が全てを抱えて戦うという哀しさ。

そこが魅力なのかもしれない。

 

後半では鬼となった医者、人間に戻せるカギを持つ鬼が登場。

炭治郎に微かな光明が見えてきた。

 

と思ったら、早くもラスボス感漂う相手が現れて、2巻にしてクライマックス?な雰囲気へ。

 

鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者:吾峠呼世晴
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/08/18
  • メディア: Kindle版
 
鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックス)

鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックス)

  • 作者:吾峠 呼世晴
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/08/04
  • メディア: コミック
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング