モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

2019年11月読んだ本のまとめ。今年も残りわずか、ラストスパートかけていきます。

ホントに終わりが近づいてきた。

その割には暖かいような気がするけど・・・

 

さてさて、12月です。

ラストスパート。

 

今年掲げた読了目標400冊、平易な道ではないけれどどうにか実現可能なところまで来た。

まあ、50冊以上読むことになるのだけど(爆)

 

 

11月の読書メーター
読んだ本の数:39
読んだページ数:8946
ナイス数:390

 

決して悪いペースではなかった。

むしろほぼ40冊ペースでそう思ってしまうことが怖いくらい(笑)

でも、月前半はややペースダウンしたような気がする。少なくても11月中に350冊は越えておきたかった。

 

 

それでもここまで来たのだから、きちんとした振り返りは後で取っておく。

今は、ひたすら読むだけよ。



楊令伝 10 坡陀の章 (集英社文庫)楊令伝 10 坡陀の章 (集英社文庫)
読了日:11月01日 著者:北方 謙三
戦国合戦〈大敗〉の歴史学戦国合戦〈大敗〉の歴史学
読了日:11月01日 著者: 
楊令伝 11 傾暉の章 (集英社文庫)楊令伝 11 傾暉の章 (集英社文庫)
読了日:11月03日 著者:北方 謙三
人生で大切なことは泥酔に学んだ人生で大切なことは泥酔に学んだ
読了日:11月04日 著者:栗下直也
楊令伝 12 九天の章 (集英社文庫)楊令伝 12 九天の章 (集英社文庫)
読了日:11月06日 著者:北方 謙三
流罪の日本史 (ちくま新書)流罪の日本史 (ちくま新書)
読了日:11月07日 著者:渡邊 大門
信長と征く 1 転生商人の天下取り (レジェンドノベルス)信長と征く 1 転生商人の天下取り (レジェンドノベルス)
読了日:11月07日 著者:入月 英一
破軍の星 (集英社文庫)破軍の星 (集英社文庫)
読了日:11月08日 著者:北方 謙三
失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!
読了日:11月09日 著者:大野 正人
楊令伝 13 青冥の章 (集英社文庫)楊令伝 13 青冥の章 (集英社文庫)
読了日:11月12日 著者:北方 謙三
敗者烈伝 (実業之日本社文庫)敗者烈伝 (実業之日本社文庫)
読了日:11月14日 著者:伊東 潤
戦国の教科書戦国の教科書感想
タイトル・和気藹々としたビジュアルから、ビギナー向けなのかな、と思っていたら、かなりのガッツリなアンソロジー本。合戦や武将の倫理感といったおなじみものから、海賊や合戦作法など、馴染みの薄い(でも重要な)テーマも取り上げており、玄人でも新たな気づきがある。意外と?おもしろかったのが、テーマ後のブックレビュー。司馬遼前後で歴史小説から遠ざかっている方々は、今の作品充実とその変化に驚くに違いない。もちろん短編それぞれも読み応え抜群。書くのは新進気鋭の作家たちなので、今後読むにあたる入り口として読んでみて欲しい。
読了日:11月15日 著者:天野 純希,今村 翔吾,木下 昌輝,澤田 瞳子,武川 佑,矢野 隆,末國 善己
宇宙兄弟(8) (モーニング KC)宇宙兄弟(8) (モーニング KC)
読了日:11月16日 著者:小山 宙哉
小説すばる 2019年 09 月号 [雑誌]小説すばる 2019年 09 月号 [雑誌]感想
【三木城攻防戦】血の涙を流し、人の肉を喰らって生き延びる選択すら選んでしまう三木城籠城側。極限の状況に置かれたとき、身分や勝敗や支配層の言い訳を越えた加代の叫びが心を打つ。“始めたなら、終わらせろ”。もはや取れる責任って、これくらいしかないのだから。最期を自覚したから、いや、最期と定めたからこそ、生き延びようとする者たちの想いは酬われるのか。短編集形式で描かれたこの作品、悲惨になりすぎないバランスがとってもスキだったけど、結末まであと二回。読みたいような、読みたくないような・・・
読了日:11月16日 著者: 
小説すばる2019年12月号小説すばる2019年12月号
読了日:11月16日 著者: 
小説すばる2019年12月号小説すばる2019年12月号
読了日:11月16日 著者: 
小説すばる2019年12月号小説すばる2019年12月号感想
【三木城合戦記】最終回前編。命を賭けた幕引きへの戦い。もはや敵は外ではなく内にある。玉砕という名の勝ちより、生きるという名の終焉へ、別所家はもちろん、民たちも、それぞれがぞれぞれの終え方を模索する。理屈じゃなく本能的(動物的)感覚が先行してきて、本当の領主の役割、民が望む光景の担い手を求める動きが、開城への決意を加速させる。史実上はこのまま開城となるのだろうけど、飢えた民にご飯提供したら、かえって体調を崩して亡くなった、って話しを聴いたような(鳥取城かな?)領民が振り上げた思いは昇華されるのか。次号完結。
読了日:11月16日 著者: 
小説すばる2019年12月号小説すばる2019年12月号感想
【塞王の楯 】ついに、最強の矛、現る。絶対の戦力があるから戦いは起きづらくなるVS絶対に落ちない城があるから人の生活は守られるという、相容れない構図が、この作品のメインテーマに躍り出てきたなあ。とはいえ、時期は戦国末期。まだまだ戦いは起きている一方で、新たな城の需要は増えない一方で、最新鋭の武器は求められ続ける実態。人の心と時勢を突きつけられ、経験も覚悟もまだまだ及ばない匡介は、この先信念を示すことが出来るのか。
読了日:11月16日 著者: 
小説すばる2019年12月号小説すばる2019年12月号感想
【チンギス紀】草原の覇者をかけた壮絶な戦い、いったんの完結編。岳飛伝ラストを彷彿とさせる全軍入り乱れての激闘、武力で若干勝るジャムカに対し、最後は組織(補給)戦の妙で上をゆくテムジン。ここまでの積み重ねの結晶をみた気がする。吹毛剣をテムジンが抜いたシーンはちょっと鳥肌モノだったなあ。今は単独で立てなくても、いつかは全てを征する。その思いが達成する日がまた一歩現実へ。気になるのはラシャーンの姿がないこと。タルグダイのセリフだと側にいるかのように言っていたけど、やはりあの森にいたままなのか?
読了日:11月16日 著者: 
修羅の刻(19) (講談社コミックス月刊マガジン)修羅の刻(19) (講談社コミックス月刊マガジン)
読了日:11月16日 著者:川原 正敏
楊令伝 14 星歳の章 (集英社文庫)楊令伝 14 星歳の章 (集英社文庫)
読了日:11月17日 著者:北方 謙三
苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
読了日:11月18日 著者:森岡 毅
キングダム 56 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 56 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:11月19日 著者:原 泰久
書評の書き方: ベストセラーを作るブックレビュー (RJ Books)書評の書き方: ベストセラーを作るブックレビュー (RJ Books)
読了日:11月19日 著者:RJラボ
楊令伝 15 天穹の章 (集英社文庫)楊令伝 15 天穹の章 (集英社文庫)
読了日:11月20日 著者:北方 謙三
吹毛剣 楊令伝読本 (集英社文庫)吹毛剣 楊令伝読本 (集英社文庫)
読了日:11月22日 著者:北方 謙三
宇宙兄弟(9) (モーニングKC)宇宙兄弟(9) (モーニングKC)
読了日:11月22日 著者:小山 宙哉
鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
読了日:11月23日 著者:吾峠呼世晴
八本目の槍八本目の槍
読了日:11月23日 著者:今村 翔吾
仮面ライダーアマゾンズ外伝 蛍火(4) (モーニング KC)仮面ライダーアマゾンズ外伝 蛍火(4) (モーニング KC)
読了日:11月24日 著者:真じろう
鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックス)鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックス)
読了日:11月24日 著者:吾峠 呼世晴
『よしの冊子』にみる江戸役人の評判 武士の人事評価 (新人物文庫)『よしの冊子』にみる江戸役人の評判 武士の人事評価 (新人物文庫)
読了日:11月25日 著者:山本 博文
百姓貴族 (6) 通常版 (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (6) 通常版 (ウィングス・コミックス)
読了日:11月25日 著者:荒川 弘
鬼滅の刃 3 (ジャンプコミックス)鬼滅の刃 3 (ジャンプコミックス)
読了日:11月26日 著者:吾峠 呼世晴
センゴク権兵衛(8) (ヤンマガKCスペシャル)センゴク権兵衛(8) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:11月27日 著者:宮下 英樹
チンギス紀 六 断金チンギス紀 六 断金
読了日:11月28日 著者:北方 謙三
風都探偵 (7) (ビッグコミックス)風都探偵 (7) (ビッグコミックス)
読了日:11月29日 著者: 
堤鯛之進 包丁録  極楽長屋編 (バーズコミックス スペシャル)堤鯛之進 包丁録 極楽長屋編 (バーズコミックス スペシャル)
読了日:11月30日 著者:崗田屋 愉一
宇宙兄弟(10) (モーニング KC)宇宙兄弟(10) (モーニング KC)
読了日:11月30日 著者:小山 宙哉

読書メーター