モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

〈一緒に考えよう この鬼を倒すために〉読書感想:『鬼滅の刃 4』 (ジャンプコミックス)

鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)

 

 

 

一戦去って、すぐに一戦。

このマンガ、とにかく“次”がすぐにくる。

当初はそこまで鬼がしょっちゅう現れているとも思えなかったけど・・・

今回は、骨折を治すほどの時間があってよかった。

 

さて、前巻での初・同期との共同戦線を経て、次の任務は炭治郎たちによる、初めてのチーム戦(というほど連携できてはいないけど)

善ちゃんというツッコミ役が現れたことで、ようやく炭治郎のボケを解消できるようになったことが大きい(笑 炭治郎は時々フォローできないボケをぶちかますから)

 

そして、炭治郎の新たな一面が開花。

蜘蛛鬼戦では、全体を見る目と場造りの才で伊之助をフォローし状況を打破していく。 その優しさが活かすこともあるけど、徒になるときもある。

今回のように機転で鬼殺隊を救おうとするも助けられない展開、辛いなあ。

 

さらに、その優しさが目に見える範囲しか届いていないのが悲しい。

善ちゃん放置だった・・・

 

さらにさらに、善ちゃん大ピンチなんだけど、助け、間に合うか・・・

 

今回は操られた鬼殺隊の面々が次々と散っていくなど、戦いの過酷さが改めて浮き彫りになる反面、比較的ギャグタッチが多かった巻だった。

蜘蛛鬼の強さがラスボスクラスに感じられるんだけど、無惨はもっと強いのだろうか・・・

 

 

鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)

鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)

 
鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング