モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

読書感想:『幕末下級武士のリストラ戦記』 (文春新書) ~ とある武士の生ききった日々、苦難の新時代の乗り切り方を学ぶ ~

幕末下級武士のリストラ戦記 (文春新書)

 

 

歴史の教科書に載らなくても、心に響く生き様を示した人はたくさんいる。

 

かつて『武士の家計簿』という本で、(その当時は軽視されていた)“そろばん術”で我が家を立て直し、その能力を買われ明治の時代に躍進した武士を知ったときの“嬉しさ”を今でも憶えている。

 

変化の時代、多くの人が取り残され、輝けないまま歴史の闇に消えていく。

その一方で、足掻き続け、泥臭くても次につなげられた人もいる。

決して目立たなくても、かっこわるくても、その足跡が僕たちを突き動かす。

きっと本書『幕末下級武士のリストラ戦記』主人公・山本政恒は、今だからこそ知っておくべき人物だ。

 

将軍の陰武者をやり

幕末を生き抜き

徳川家静岡移転に伴い収入激減状態へ。

職を転々とした。

リストラもされた。

“武士の商売”をやって、家族を養ったこともあった。

そして最期は自分史に命を注ぎ込む。

 

とにかく何でもやった。

家族のため、生き残るため、徳川武士の意地を示すため。

決して大きく秀でた能力があったわけではないのだろう。

それでも、山本政恒の生き様は、困ったとき人間が選ぶために大事にすべきものを教えてくれる。

必死で新時代を生き抜いた姿は、幕末の英雄と遜色ない光を放っていたように思う。

 

江戸の食事情や着物、自分の趣味など一生を事細かに記載した自分史の内容も、リアリティにあふれ、それだけでも読み応えがある。

随所で書かれている直筆の絵も、遊び心があって、読者を和ませてくれるものばかり。

 

地味だけど示唆に富んだ新書。

読んで良かった。

 

 

幕末下級武士のリストラ戦記 (文春新書)

幕末下級武士のリストラ戦記 (文春新書)

  • 作者:安藤 優一郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/01/20
  • メディア: 新書
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング