モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

【2015年読破本203】新 仮面ライダーSPIRITS(12) (KCデラックス 月刊少年マガジン)

 

新 仮面ライダーSPIRITS(12) (KCデラックス)

 

 

相変わらず、改造人間同士の戦いって次元を越えた事態が当たり前のように進行していて、理解まで頭が追いつかない展開が続くのだけれども、ここのところ超絶安定の姿を見せてきたゼクロスに、悲哀と孤独の影が・・・

 

村雨って、バダンによって生み出された存在以上の業を背負っていたことを、今さらながら思い出す。

そしてそれは、彼だけではなく、姉・しずかも同様だった。

何が起きるのか、ここから先がゼクロスの本版ってことか・・・

 

彼の背中をみている先輩ライダーにも(共有できる経緯があるが故に)感じるものがあるのだろうなあ。

それでも戦う。だから向かい合う。 それを仲間と呼べるのが、仮面ライダーだろ、って声が聞こえた気がした(ここまできたらただの妄想だけど 笑)

 

で、バダンだけならともかく、デルザー軍団がいることで事態はますます複雑化(苦笑) 悪の組織最強決定戦の要素も含んできて、人類(ライダー)とバダン両方に噛みついてくるので、戦い混迷化しすぎる(苦笑)

一番迷惑なのはストロンガーか(涙)

 

ただでさえ、しずか=アマテラスって状況がややこしいのに。

 

そこへ、風見が現れ、本郷と一文字も姿を見せた、ってことは!ついに、ついに、V3が次号復活か。

 

新 仮面ライダーSPIRITS(12) (KCデラックス)

新 仮面ライダーSPIRITS(12) (KCデラックス)

  • 作者:村枝 賢一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/10/16
  • メディア: コミック
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング