モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

読書感想:『わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か』 (講談社現代新書) ~つながるふりからの脱却。みんなちがうのは、大変なんだ~

わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)

 

 

8年近く前の本。

だけど、巷で言われている「コミュニケーション能力」の必要性、そして実際の対策が実態と乖離しているという、本書の指摘は今なお全く変わることなく残ってしまっている。

 

もし、今、「コミュニケーション能力」という言葉に違和感を覚えている方がいたら、その答えを、本書は示してくれているかもしれない。

 

“みんなちがって、みんないい”

じゃなくて

“みんなちがって、たいへんだ”

 

本書で示された強烈なフレーズが、まさにこの問題の根底を示している。

 

“みんないい”がつながりあえることが前提にある「逆算思考」”ならば

“たいへんだ”は混じり合わないことを前提にした「混沌思考」に近い。

 

でも、そこから始めないといけない。

もはや、予定調和な結末など存在しない。

答えは誰も知らないのだから。

 

本書で紹介されている学校での教育(授業)実態を見れば、行われているのは子供達の「型填め」で、想定反駁ができる人間がどんどん生まれていくことを実感する。

相手も、自分も、変わっていく存在だというのに。

 

刻々と変化する関係作りをお互い作り上げていく。

その先にしか、深いつながりは生まれない。

 

多様な人を受け入れられる居場所(コミュニティ)を作ることももちろん大事だけど、そこでしか自分が見いだせない、ということでは硬直・保守的な空間となりかねない。

排他的な雰囲気を醸し出していては本末転倒だ。

 

本書では演劇による授業展開が紹介されており、役設定を自然と作り上げていく過程における「文脈を読む(人物の背景を思い描いたり、一方的な見方を排する)力」や、「演じることを楽しむ」社会の必要性など、日本人だからこそ磨き上げるべき要素が紹介されている。

 

特に「文脈を読む力」は、言葉尻を捉えた、不毛なやりとりとにならないようにするための必須要素。

在宅期間におけるネット経由コミュニケーショントラブル防止に効果的だ。

 

グルーバル化による海外の方々とのコミュニケーションにも活用できるし、日本人内でも求められる要素。

 

読んで損無しの1冊だ。

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング