モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

読書感想:『ヘタな人生論より中国の故事寓話』 (河出文庫)〜やっぱり困ったら先人に訊け!気付きがある古来中国の話〜

ヘタな人生論より中国の故事寓話 (河出文庫)

 

 

再読。

やはり故事成語は面白い。

 

人間関係、就職、ストレス、お金のこと・・・

コロナ渦の中にいると、些細なことですら時間と手間を費やすことが増えてきた。

 

会って話をすればすぐにわかるのに

自分のことがわかってくれれば、誤解されるようなことなんてないのに

 

永遠の悩みとすら感じてしまうような悩み、実は古来の人が全て解決しているというのが、古典を読むとよくわかる。

最近話題になっている古典の魅力は、本書を読むとその通りだと改めて実感。

 

そして様々な価値観が提示されているからこそ、自分という存在の認知がとても重要なんだということを腹落ち。

 

どこを選んでも、何を優先してもメリットデメリットは存在する。

絶対安心の生き方なんてない。

それは古来から現代まで変わらない真理。

 

だからこそ、それをチョイスした自分のことをしっかり知っておく。

根っこにあたる心の持ちようやゆとりを保ちながら、先人の知恵や人生としなやかにアクセスして変わっていくこと。

多分コレが歴史から学ぶ人生構築なんだと思う。

 

これから類書読むたびに思い出すだろう。

先人も同じ人間。だから、きっと解決法はある。

(スケールは桁違いだけど・・・)

 

いつ読んでも気づきがある。

やはり古来中国は面白い!

 

 

 

 

ヘタな人生論より中国の故事寓話 (河出文庫)

ヘタな人生論より中国の故事寓話 (河出文庫)

  • 作者:鈴木 亨
  • 発売日: 2009/02/04
  • メディア: 文庫
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング